新しい紫外線の対策として、飲む日焼け止めが話題になっています。
一度は聞いたことがあるのではないでしょか。
今は、ファッション業界をひっぱている読者モデルさんや現役のモデルさんたちも多く理由している紫外線を対策するサプリメントです。
飲む日焼け止めは美白にも効果があるのか調べてみみましたので紹介します。

抗酸化作用と飲む日焼け止め

飲む日焼け止めという言葉は明確な定義はありません。

日本製ならニュートロックスサン、海外製品ならフェーンブロックを配合しているのが、飲む日焼け止めのおもな成分とされています。

 

このれらの成分には強い抗酸化作用があります。

お肌の老化の原因は老化などが上げられますが、その大半は紫外線による光老化です。

つまり、紫外線の影響によって、お肌にダメージを与えられる肌が劣化していくわけです。

 

飲む日焼け止めには抗酸化作用があるので、老化防止になる!

すなわち、美肌を維持する、お肌の調子を整えてくれる作用があるといってもいいでしょう。

美白サプリとの違い

一般的に販売されている美白サプリメントはビタミンC・ビタミンE・Lシスチン・アスタキサンチンなどが配合されています。
これらも、体の中からケア肌をキレイにする成分ですね。

これらの美白サプリに含まれている成分は、日本製の飲む日焼け止めにも配合されています。
つまり、飲む日焼け止めサプリは美白サプリにプラスして紫外線の影響を抑えるサプリメントになっているわけです。

では、美白サプリメントと飲む日焼け止めサプリメントどちらがオススメなのでしょうか。

紫外線は夏だけではありません。夏のシーズンが特に紫外線が強いわけです。年中紫外線は降り注いでおり、私たちの肌にダメージを蓄積させているわけです。

美白を維持、もしくは、美肌になりたいとう思う方は年中、紫外線の対策をするべきです。

そうなれば答えは1つ!

美白サプリより飲む日焼け止めの成分の方が美白を気にしている方には効果的といえます。

 

一度、できてしまったシミは化粧品やサプリでは消えません。
シミが出来る前に、毎日適切なケアをすることが一番大事あのです。

 

日本製の飲む日焼け止めには沢山の種類が販売されています。
美白を意識している方にオススメなのは、ホワイタスというサプリメントです。

飲む日焼け止めホワイタスの詳細を一度の記事を一度参考にしてください。